大分市古国府、胃腸科、内科、外科、小児外科、肛門科、ふるしょう医院

097-573-5566

〒870-0844 大分県大分市古国府844

設備紹介

Mobile Site

超音波骨密度測定装置

超音波で踵の骨の骨量を調べる骨密度測定装置です。X線を使用しませんので、幅広い年齢層の女性や小児でも安全に骨密度を測ることができます。
短時間に高精度で非侵襲的に測定でき、患者さんの負担は大幅に低減されます。
当院では、医療機器設備の一環として、最新鋭の超音波測定装置 LUNAR A-1000 EXPRESSを設置しています。
この測定により、骨粗鬆症に代表される骨の健康度の確認と、生活習慣病の側面からいろいろなリスクファクターを見直すことは、骨粗鬆症の予防のための第一歩となります。

特徴

1.安全です
X線の被爆がありません。
女性や小児の測定にも安心です。
2.簡単です
測定は1分程度で特に準備は要りません。
3.高い精度
米国FDAで唯一承認されたGELUNARの装置を使用しています。
4.わかりやすい
骨の年齢など患者さんにもわかりやすいグラフで結果が表示されます。

血圧・脈波検査装置

当院では心電図検査と血圧脈波検査を同時に行える「血圧脈波検査装置」を設置しています。
この装置により狭心症、心筋梗塞、不整脈などがないかを調べることができ、さらに動脈の硬さや詰まり具合を計測し血管年齢を知ることができます。動脈硬化が気になる方はご相談下さい。

特徴

1.動脈硬化のリスクを確認できる
両手両足・首の血圧と脈波を図ることで簡単に動脈硬化を発見できます。
2.検査結果がすぐにわかる
痛みやストレスなく検査を受けられ、検査直後に結果がでます。

CAVIとABI

CAVIは動脈の硬さを示す値です。動脈が硬いほど動脈硬化のリスクは高くなります。また、他の同年代の人とCAVIを比べることによって、自身の血管年齢がわかります。

ABIは足の血管の動脈のつまり具合を示す数値です。腕の血圧に比べて足の血圧が低い場合は、毛細血管が詰まっている可能性が高くなります。

診断用X線撮影装置

レントゲンの一般撮影よりも高性能・高機能なX線撮影を行うことができる装置です。被曝量が通常のX線撮影装置の1/2とされており、最小の被曝で最大限の画像情報が得られるインバータ方式のX線撮影装置を採用しています。
また、ひんやりとした感覚の少ないソフトな天板を使用していますので、リラックスして検査をしていただけます。喘息の除外診断や肺炎などの診断に使用します。

キセノン治療器

ピカピカ光る「光」の治療と電気の複合治療器です。
低周波治療・温熱治療・光線治療の3種類の治療形態を集約しています。温かい光の温感と電気による通電治療が心地よく作用して、症状を軽減させます。

「肩が痛い」「腰が痛い」などの痛みと筋肉の緊張を緩和し、リウマチの治療にも使用します。

こんな患者さんにおすすめ

  • 最近、肩の具合が良くない、痛い
  • 腰がズキズキしてつらい
  • 膝が痛くて歩くのもつらい

解析付心電計

心電図検査によって心臓の状況を把握する装置です。心臓の検査の要となる検査装置です。心臓の筋肉が興奮する際に生じる電気的活動を、身体の表面においた電極で記録します。不整脈や狭心症などの診断をおこないます。

超音波画像診断装置

当院では、高性能な超音波画像診断装置「UF-760AG PaoLus」を導入しています。
動かしながらリアルタイムで運動器構成体を観察することが可能で、痛みなく非侵襲的に検査ができます。

内視鏡システム

FUJIFILM社が写真やグラフィックの分野で培った先進の画像処理技術を結集したフラッグシップモデル「AdvanciaHD」を導入しております。

インフルエンザ検査

ウィルス検出の高感度化を実現した、新発想の感染症のプラットフォームです。

■主な特徴
・簡易キットに比べて、インフルエンザウィルスの数が少なくても検出可能です。
・インフルエンザ発症初期でも、ウィルスを検出しやすくなりました。

page top