大分市古国府、胃腸科、内科、外科、小児外科、肛門科、ふるしょう医院

097-573-5566

〒870-0844 大分県大分市古国府844

経鼻内視鏡

Mobile Site

経鼻内視鏡

口から飲み込む内視鏡と違い、鼻を通って食道や胃、十二指腸を観察することが可能な胃カメラです。
先端部は約5mm程度(うどんの大きさ位)の極細内視鏡となりますので、鼻はスムーズに通ります。
超小型CCD搭載で画質もかなりよく、胃液の吸引や組織採取も行えます。

特徴

  • 苦痛、嘔吐感が少ない
    口からの場合、舌の付け根に触れると嘔吐感が起きます。そのため強い麻酔や注射が必要になります。
    しかし鼻からの場合は、スコープが舌の付け根を刺激しないため強い麻酔や注射をせずに楽に検査ができます。
  • 安心の検査
    普通に会話ができますので、医師とコミュニケーションをとりながら検査ができ安心です。
  • 日常生活に短時間で戻れる
    短時間で日常生活に復帰でき、食事も比較的早くとれます。意識下鎮静法(セデーション)の内視鏡検査に比べてすぐに病院から帰れます。
  • 鼻腔の様子や全身の状態により鼻から挿入ができないこともあるので、検査を受けられる前に一度当院医師にご相談下さい。
page top