大分市古国府、胃腸科、内科、外科、小児外科、肛門科、ふるしょう医院

097-573-5566

〒870-0844 大分県大分市古国府844

湿潤療法

Mobile Site

湿潤療法とは

外傷(すり傷や切り傷、熱傷など)に対し、

  • 傷を乾かさない
  • 消毒薬を使わず、よく洗う
  • 創面にガーゼをしない

を原則として行う治療法です。
従来の治療法はガーゼと消毒液での治療が常識的でしたが、

  • 傷を乾かすと上皮細胞(傷を治そうとする細胞)が死んでしまい治りがかえって遅くなる。
  • 消毒液を使用すると上皮細胞にダメージを受けてしまい、早く治そうとしたのに反対に治療の妨げになる。
  • ガーゼを傷口にあてると乾燥しやすくなる。またガーゼが乾燥した傷口とくっつく可能性があり、剥がす際に上皮細胞まで剥がしてしまう。

以上の理由から近年では湿潤療法に治療法が変わってきています。
当院でも湿潤療法で治療を行っています。

当院では湿潤療法を行っておりますが、すべての医療機関が湿潤療法を実施しているわけではありません。

湿潤療法では傷口の乾燥を防ぎ、湿潤状態を保つために創傷被履材で傷口を覆います。
また、傷の状態に応じて創傷被履材はいくつか使い分けます。


  • 創傷被履材の一部

怪我をしたときは…

  • 傷口を良く洗い、泥や血液などの汚れをおとす
  • 消毒はしない
  • 乾かさないように傷を覆い、適度な湿度を保つ
  • 被履材の交換時に、周りの皮フを良く洗い汚れをおとす

傷口が深い、パックリ開いている、出血が止まらない、動物に咬まれた時などは治療法が変わってきますので、ご相談下さい。

page top